現代短歌論評

河内裕二 日本浪漫学会主筆   本文はこちらをクリックしてください。  

三崎港にて詠める短歌

三崎港にて「三崎白秋会」に招かれて詠む              日本浪漫学会会長 濱野成秋    日ノ本の世は安倍首相の暗殺事件とそれに続く国葬。世界はウクライナ戦争にて日本も危うし。されど三浦半島の突端三崎港では歌人 […]

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会 令和四年九月十七日        記録と詞書 日本浪漫学会 河内裕二    大型の台風の接近によりいささか落ち着かない日となった。日本では年間二十五回前後の台風の発生があるが、今回は十 […]

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会 令和四年六月十八日        記録と詞書 日本浪漫学会 河内裕二    歌会に向かう電車は混み合っていた。新型コロナウイルスの感染者数はもう一ヶ月以上も前週の同じ曜日より減少を続け […]

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会 令和四年七月十六日        記録と詞書 日本浪漫学会 河内裕二    七月中旬といえば平年では梅雨明けの時期であるが、今年は観測史上最速の六月二十七日に梅雨明けとなった。異例はそ […]

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会 令和四年五月二十一日        記録と詞書 日本浪漫学会 河内裕二    歌会の開催された五月二十一日は二十四節気では小満と呼ばれる。『大辞泉』によると「草木が茂って天地に満ち始め […]

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会 令和四年四月十六日        記録と詞書 日本浪漫学会 河内裕二    春に三日の晴れなしと言われるが、歌会当日は前日の雨も上がり晴天となった。四月十六日午後一時半より三浦勤労市民 […]

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会

三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会 令和四年三月十九日        記録と詞書 日本浪漫学会 河内裕二    春の訪れを感じられる三月十九日、午後一時半より三浦勤労市民センターで三浦短歌会と日本浪漫学会の合同歌会が開催 […]

A Proposal to Keep International Peace

A Proposal to Keep International Peace Show Warm Friendship to Russia Cassy Mansfield, An editorial Staff In t […]

まぼろしの御座所

濱野家治家記録(エッセイ)    まぼろしの御座所 濱野成秋     大正初期、山持ちの惣領息子が養子に出され    父濱野定雄は1907年岐阜県揖斐郡小島村にあった所家の長男として生まれた。祖父の姓は所。名は弥太郎。生 […]