新星浪漫詩人 高鳥奈緒の世界

  新星浪漫詩人     高鳥奈緒の世界                  日本浪漫学会会長 濱野成秋     壱。城跡を歩く    この子は、苦悩の子だ、細切なものを膨らませ、いつ何時破裂するか。  労わらねば、励ませ […]

出雲尼子氏の源流を求めて

日本浪漫学会主催 第二十五回「浪漫うたの旅」   歴史探訪   出雲尼子氏の源流を求めて              日本浪漫学会 福田京一      近江の海夕波千鳥汝が鳴けば       心もしのに古思ほゆ     柿 […]

不滅の美学に賭けた若庭の里

日本浪漫学会主催 第二十五回「浪漫うたの旅」で会うた武人たち     不滅の美学に賭けた若庭の里     廃落武人になき不滅の実業家              日本浪漫学会 会長 濱野成秋     足立全康は現代の武人で […]

「親の言葉は自分の永遠」

格言 「親の言葉は自分の永遠」 葉山カフェ・テーロにて 濱野成秋    戦前は「親孝行」を徳目の第一に挙げていたが、現在は、個人主義のエゴを良しとする風潮からか、自分が第一であり、自分が幸せを求めて、何が悪い、となる。だ […]

まぼろしの御座所

濱野家治家記録(エッセイ)    まぼろしの御座所 濱野成秋     大正初期、山持ちの惣領息子が養子に出され    父濱野定雄は1907年岐阜県揖斐郡小島村にあった所家の長男として生まれた。祖父の姓は所。名は弥太郎。生 […]

河内は吾らが故郷なれば

濱野成秋 警鐘作家伝記。堺市丈六出身   本文はこちらをクリックしてください。

堺市東区はこの個性化でパワーアップ

シンポジウム資料 開催:初芝体育館 2021.5.9 地元出身警鐘作家 濱野成秋 ☆八ヶ岳構想で出発した政令都市堺市はこれで躍進する [筆者略歴]登美丘中学4期生。慶大アメリカ文学専攻卒。東大アメリカ研究所研究員。東北大 […]

「別れの一本杉」と心の故郷

河内裕二 令和3年4月1日 1.心に響かぬは歌ならず ミュージックはあるがソングはない。 作詞家の阿久悠の言葉である。ほとんど歌詞が聞き取れない歌がミリオンセラーになる歌謡界の状況を憂えて彼はそう述べた。歌謡曲がJ-PO […]

畏敬の師とその時代(3)

本学会相談役 鈴木孝夫慶應義塾大学名誉教授追悼 畏敬の師とその時代 3.「知」は活性化してこそ価値をもつ ⑴知識人に取り囲まれて 鈴木教授は他の教授と大分かけはなれた存在だった。 “歩く知識の宝庫”というべきか。 授業で […]

畏敬の師とその時代(2)

本学会相談役 鈴木孝夫慶應義塾大学名誉教授追悼 畏敬の師とその時代 2.鈴木孝夫は明治以来つづく世捨て人の系譜 ⑴慶應義塾は世捨て人も養成する 慶應義塾に入学して直観した言説は、福沢先生以下、文学部の先生は、みなさん、世 […]